search 2013 adfgs

waraukigoya

ツリーハウス

廃材で作る小人さんのツリーハウス

なんとなく、ツリーハウスを作ってみました。自慢できるほどの出来ではないのですが、とてもカワイイので載せちゃいます。
今振り返ってみると、何かと失敗が多かった製作過程ですが、これからツリーハウスを作られる方のご参考になればと思い、こちらも掲載します。

ロケーション決め

ツリーハウスロケーションちょうどうまい具合に、家から100m ほどのロケーションに杉の木が3本立っていました。近いし、雰囲気は抜群なのでここに決め!

 

コンセプト

場所が決まったので、次はどんなツリーハウスを立てるか考えます(ふつうは逆ではなかろーか?)

「ゴージャスなツリーハウス」、とか、「とにかく高いツリーハウス」、とか、人それぞれ思い描くハウスは違うと思います。笑う木小屋の場合、遊びに来る子供たちのために、楽しいメルヘンチックなツリーハウスを作りたいのですが、色々と制約もあるので、とりあえずまとめてみました。

コンセプトその1:子供たちのためのツリーハウス

子供が楽しく遊べる仕組みをつくりたいです。また、あえて未完成の部分を幾つか残しておいて、子供たちに作ってもらうのも手ですね。あとは、安全性も優先されるということですかね。う~ん、あまり高いツリーハウスは作れないのか・・・

コンセプトその2:簡単に作れること

自分がド素人ということもあり、そんなにスキルがなくてもチャレンジする気になれる、シンプルなツリーハウスを目指します。目標としては、3週末くらいあればできるようなもの。

 

コンセプトその3:ツリーフレンドリーであること

木に直接トンカチ、トンカチして作るツリーハウスをよく見かけますが、これはちょいと抵抗があるので、なるべく木を傷めない方向で考えたいと思います。

cimg1696.jpg因みに、今回の木材はすべて近くにあった廃材を利用する予定。お金をかけず、エコも実践。一石二鳥です。

 

デザイン

treehouse_bp1.jpgコンセプトに沿って、シンプルなデザインをおこしました。杉の木が3本あるので、三角型プラットホームを採用。ハウスも極力単純なデザインにしました。あまり凝ると、自分でも作れなくなるので・・・

また、プラットフォームを幹からケーブルで吊るしているのは、木を傷めないための配慮。因みに、欧米のツリーハウスは、幹に Garnier Limb(GL) という特殊なボルトを木に打ち込むのが主流だそうです(後になって思い知ったことですが、GLを使ったほうが遥かに簡単に作ることができたと思います。ボルト一本くらいでは、木にも影響が無いらしいです。失敗も貴重な経験ということで・・・)

 

treehouse_bp2.jpgツリーを縦軸に支えるのは、基本的に三点に張ったケーブル。さらに、プラットホームと木の接点に木製のクサビを打ち込んで、横軸に対して固定する予定。

着工

ツリーお清め木ノ神、山ノ神に感謝の意をこめて、お神酒を少しばかり捧げました。

 

ターンバックルためしに、支点をひとつ作ってみました。これが、ツリーハウスの台を支えるポイントの一つです。

 

巻き結び、もやい結び幹の周りは巻き結び。引っ張れば引っ張るほど締まります。 そして、ターンバックルをかけるループはもやい結び。 因みに、この二つの結び方の応用で大抵のことはできちゃう・・・気がする。 ロープワークの基本を知りたい方はロープワーク・ハンドブック がおススメ。野外でも使いやすいように丈夫にできてます。

 

cimg1774.jpgやっぱり梯子は必需品。家になかったので、お隣さんから借りてきました。これは仮止めの風景。

 

てきとー計画に沿って、テキトーに組んでみる。

 

チェーンソー なっ、なんと便利なんだ!チェーンソーで溝がスイスイ切れてしまいます。

 


ノミで削る
チェーンソーで溝を削る前に、丸ノコで一定の深さの切り込みを入れておくとベスト。

 

ノミで削る キレイに仕上げたい場合は、ノミでコツコツ削りましょう。こういう地味な作業大好き。

 

ツリーハウスの土台土台の形がだんだん見えてきました。

 

床板を置いてみる床にちょうどよい木があったので仮置きしてみました。写真は、両端をフレームに合わせて切った後です。

 

ほぞツリーハウスの小屋の部分の柱になる部分です。台に差し込めるようにほぞを切ってあります。これもチェーンソーでやりました。ほぞ切りにかかった時間はなんと60秒。

 

ほぞ穴はルーターで切るほぞ穴を切るルーターというものがあるらしい。これはべんりですなぁ~。

 

プラットホームツリーハウスのプラットホームを組んだ後です。恐る恐る乗ってみたら、意外としっかりしていました。

 

ツリーハウスプラットホーム先端ツリーハウスの先端部分です。これも外科結びで輪を二つ作って、丸太を通しました。この丸太だけでも重量が15キロくらいあるので、ここまで上げるのがキツイなんてもんじゃない!

 

柱打ち

cimg1906.jpgこのままでもプラットホームはかなり安定していて、大人二人が乗ってもびくともしません。でも、ロープが切れたりしたら一大事になるし、補助ロープをかけるのも面倒くさいし・・・ということで、結局地面から柱を伸ばして支えることになりました。

 

cimg1908.jpg柱を立て終ったところ。プラットホームの高さは地上2mちょい。子供にとってあまり怖くない程度に設定。

 

cimg1918.jpg筋交いと柱を固定しているところ。

 

階段作成

20070930.JPGグラつく梯子で上り下りすることに疲れたので、先に階段をつくることに。これも廃材を利用して作成。

 

cimg1926.jpg階段は、杉の柱に切り込みを入れて、らせん状にアレンジ。

棟上

cimg1939.jpg地上でフレームを作って、プラットホームまで持ち上げようとしたが失敗。
最終的には、プラットホームから3m程の高さの枝に二重の動滑車をつけて引き上げました。
棟上作業に滑車は必須ですね。いい教訓でした。

 

cimg1969.jpg

 

 

WARAUKIGOYA (笑う木小屋) 山口県山口市仁保上郷 2283 TEL 090-4091-4477