search 2013 adfgs

2008/11/13 木曜日

何が入るか?

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 22:06:52

rimg0013_edited.JPG先日、宇部の伊藤さんに頂いた巣箱を庭のサクラの木にかけた。 この木には数種の鳥がやってくる。 巣箱の穴の直径は4センチ程で『ヤマガラ、シジュウガラ、スズメ』等の小鳥用だ。 伊藤さんのノートには、『人の近くがよいようです。 庭、のき下、家の周りの木が良いです』と記されていた。 

役所に年間多数の巣箱を納めていた友人Iは材料は杉がベスト、ペンキは何色を塗っても大丈夫というアドバイスをしてくれた。
明日から巣箱をチェックする楽しみもできた。次はふくろう用の巣箱を早くかけて、『ふくろうに会える笑う木小屋』にすることだ。

 

きのこ

Filed under: 食あれこれ — mack @ 0:03:17

rimg0012.JPG
rimg0019.JPG
ひらたけになめこ、どちらも大きなかごにはいらない程取れた。 少量だがきくらげも採れた。 みんな始めて見つけたきのこで、また
秋の楽しみが増えた。 

きのこや樹木のことを教えて頂いた、F先生ご夫妻も『こんなにたくさん出ているのを見るのは初めて』と興奮気味だった。 僕は身近にたくさんの種類のきのこが採れるという事に驚いた。ひらたけときくらげは、兄が釜の薪用にと裏庭に投げ捨ててくれていた丸太から発生していたものだ。 ラッキー!という感じなのだ。 

きのこ図鑑を手元において、少し知識を身につけないといけない。 きのこ、野草に樹木、鳥や昆虫、へび、田舎生活もいろいろ覚えることがあって、記憶力の低下進行中のアラシックス(?、60才代)には少々、重荷だ。

2008/11/11 火曜日

ふくろう

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 23:00:33

rimg0039_edited.JPGいろんな人が訪れ、素晴らしい情報を頂くことが多い。 伊藤敏光御夫妻はふらりと立ち寄り巣箱、どんぐりの種と一緒に15年間の里山つくりの集大成情報をプレゼントして下さった。 

その中で一番興奮した話。巣箱をかけてると、ふくろうが棲み始めるということだった。 実際に伊藤さんの所ではもう5年以上ふくろうがいて、その写真も見せて頂いた。  集大成メモの中にも『大きなひらたい石や、コンクリート等置いておけば、マムシはその上で暖をとり、夜行性のふくろうに退治してもらえる。』と書かれていた。 ふくろうの巣箱がムササビに占拠された年に、マムシに噛まれまれたという体験も書かれていた。 

もう何ヶ月も前にうちの傍で見つめ合ったふくろう、彼らが巣箱に来る可能性が高いという伊藤さんのお話は1ヶ月早いけど、僕にとっては素晴らしいクリスマスプレゼントになった。

2008/11/5 水曜日

Barack Obama

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 21:20:22

4年前の民主党大会でのObama氏の演説を聞いた後、会社の同僚に『彼が大統領になる最初の黒人だ!』という話を
した。 彼の素晴らしい演説がそう信じさせてくれた。  

今年、選挙キャンペーンが始まった時に、Obama氏のHPで登録した。 彼の選挙参謀、本人、そして奥さんの名前で
メール配信を受けてきた。 そして今日、届いたのが下記のメールだ。 シカゴで勝利宣言をする前に、『あなたに歴史を作ったことを知らせたかった。・・・中略、全てはあなたのお陰で達成された。Thank you』と結ばれている。 短いけれで、とてもスマートな
メールだ。 もちろん彼がどれだけこのメールの内容に関わっているか不明だけど・・・彼の演説やメールには熱いものを感じる。

今日は何だかとても嬉しい日になった。 

Mack —

I’m about to head to Grant Park to talk to everyone gathered there, but I wanted to write to you first.

We just made history.

中略

But I want to be very clear about one thing…

All of this happened because of you.

Thank you,

Barack

WARAUKIGOYA (笑う木小屋) 山口県山口市仁保上郷 2283 TEL 090-4091-4477