search 2013 adfgs

2007/11/13 火曜日

ダッチオーブンが飛んだ!

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 21:29:26

rimg0006_edited.JPG 看板を見て登って来られた方には、子育て本を出し、その中で提案したことを体験してもらいたいので、『笑う木小屋』を作っていることを最初に説明する。大体の人は、それ程興味を示されない。しかし今日のレデイズは違っていた。それもその筈、みなさんは宇部の読書サークルのメンバーだった。  

サツマイモのことを思い出し、『みなさん時間があれば、焼芋をどうぞ!』と話しながら火のある場所へ案内していると、グッドタイミングでダッチオーブンがポンと1メートル位跳ねて、焼き芋が飛び出した。中には少しの小石と大小8つ程のサツマイモを入れていた。どのサイズも焼けていた。安全を確保すればこれは笑えるオートマチックだ。

僕は東京にいた頃も、焼芋ランチを楽しんでいた。そしてその都度、トンガ人が『イモを食べないと力が出ない。米ではだめだ!』と話していたことを思い出していた。 

rimg0011_edited.JPG 夜はまぐろを焼いた。 ワイフがみりん、ニンニク醤油に漬け込んでおいたもので、僕はこれに黒酢+醤油+唐辛子のソースを少しかけて食べた。 マグロのアラやカマは安くていつも美味しい。しかし、僕が一番好きなマグロの食べ方は、脂の乗ったキハダマグロのブロックを、分厚いステーキの様に切り、ブラウンシュガー、醤油、生姜少量、ニンニクたっぷりに漬け込み焼いたものだ。 

2007/11/12 月曜日

Viva!田舎

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 23:35:53

rimg0018.JPG

午後、『モデイリアーニと妻ジャンヌの物語展』を観た。駐車場の木々の素晴らしい色彩を眺めながら、期待を含ませつつ山口県立美術館に向かった。 少しクセのある様なものが好きなので、モデイリアーニの絵も好きだ。 今回はその好きな絵をじっくり鑑賞できて至福の時を過した。 

先日、ETVでミュージカル『カンパニー』を観ている時は、『生ステージ』に恵まれない地方環境を感じながらだった。しかし今日は、入場するにも並ばずに、好きな時間だけその絵を観れる山口だからできる贅沢も楽しんだ。 

午前中は、叔父夫婦がフランスパン用の粉やライ麦粉を持って来てくれた。それと入れ替わりにNがハクスバーナーのチェーンソウを届けてくれた。 家にあるチェーンソウとは格違いの物で使用するのが楽しみだ。

昨夜は隣の市に住む甥が自分で釣ったモンゴーイカを持って来てくれたし、今日は美術館の帰りに寄った『新鮮市場』でまぐろのアラを見つけ、3パック合計240円で購入、夕食にしたにぎり詰め合わせは1パックは340円也、  昨日から田舎生活のよさを十二分に体験する時間が流れている。  

 

2007/11/11 日曜日

1111 ダブルイレブン

Filed under: 緑の砂漠 — mack @ 22:34:53

笑う木小屋の看板には、11-11-06と入れている。 スタートを一応昨年の11月11日としているからだ。9月11日(ナインイレブン)はアメリカ同時テロの日。ならばイレブンの日に、楽しいことを始めようと考えた。 友人のインド人が1に縁起を担いでいたのであやかったこともある。例えば、現金をプレゼントする場合、10ドルではなく11ドルにしていた。 

今日、11-11-07 は『緑の砂漠』企画のスタートとしたい。と言っても目的があり、アウトラインが見えてきたばかりだ。 ネットで公開するのは数ヶ月先となる。  

昨夜、大統領が環境問題で果敢なアプローチをしたロビイストと恋に落ちる『アメリカンプレジデント』をTVで観ながら、環境企画のスタート前日にふさわしいなあと一人悦に入っていた。

今日は東京の同級生から、『朝顔が最盛期の状態で咲き誇っています!温暖化の影響でしょうかね?我が家の珍事です!』というメールが来た。 

この田舎でも昔は寒くていなかったゴキブリが生息する様になっている。 

 

2007/11/9 金曜日

自然の力+独学パワー

Filed under: — mack @ 0:21:58

きだて槙江さんから染織展の案内が届いた。
彼女は中学校の同級生だった。しかし途中で転校したので、半世紀ぶりと言える会話を電話でしたのが数ヶ月前だった。

その後、グーグルで彼女の名前で検索すると、専門誌上の特集記事情報があった。 直ぐにその本を取り寄せた。掲載写真を見て、山口でも個展をやって欲しいと頼んだ程、素晴らしいものだった。

『ふくらんご展 VOL.10』というタイトルがついた冬青(そよご)工房染織展に、行かれた方は『笑う木小屋』のブログを見て来たと伝えてみて下さい。    

自然素材の色と、きだてさんの独学技術で今回はどんな作品が展示されるているのだろうか?

冬青工房染織展
2007年11月16日(金)-21日(水)
AM11:00 - 18:00(最終日16:00まで)
会場: しまだいギャラリー  TEL:075-221-5007
     京都市中京区御池通東洞院西北角

2007/11/8 木曜日

石見銀山

Filed under: 見て歩き — mack @ 0:04:45

rimg0011.JPG道の駅『ゆうひパーク三隅』の夕映え時間帯看板、海岸の1両電車も入った

rimg0035.JPG
石見銀山で見かけた看板、

rimg0034.JPG自販機も木製カバーをつけた銀山仕様

朝7時に出て、世界遺産の石見銀山と温泉津温泉を訪ねた。 往復400km、いつもの様に愛犬チコは窓から頭を外に出しながらのドライブをした。 日帰りだったが十分楽しめた。

自分は観光名所にはそれほどこどわらない。 写真もあまり撮らない。見残したなら『次回の楽しみにしておこう』と考え気にしない。 一番したいことはその土地に住んでいる人からお話を聞くことである。今回は、温泉津温泉のあるご住職から興味深いお話を伺うことができた。 次にやることが自分のフィーリング合うものを見つけ出すことです。今回の写真3枚もその例、人目につかない所から見つけ出した時は、とても得をした気分になってしまう。

2007/11/6 火曜日

緑の砂漠

Filed under: 緑の砂漠 — mack @ 21:01:14

昨晩、竹馬の友Nに山のことを聞きたいと電話をするとすぐ駆けつけてくれた。 『緑の砂漠』のことが気になっていたので、山の話を聞いた。彼は山を買い、伐採した木を市場に出すという仕事を長くやっている。 私は数ヶ月前に伐採ボランテイアで彼のアシストを務めたが、チェーンソウとクサビで大木をバッサ、バッサという感覚で切り倒して行く腕前に驚いた。

『緑の砂漠化』は実際かなり進んでいるとのこと。伐採した禿山を売ろうと思っても、買い手を見つけるのは難しいとのこと。山が荒廃していく理由がいくつもあるようだ。  

今日は夕方、彼と一緒に近くの山に入り、山林を見ながら話を聞いた。さすがに木の名前は何でも知っている。 間伐すべき所、しなくても良い所、熊笹が生えている所は他の雑木が育ち難いこと等、少しずつ状況が解ってきた。 『緑の砂漠』についてはいろいろ勉強して、自分でできる企画をひとつ立ててみたい。

『緑の砂漠』のことを話すのに、ウチの山も間伐する必要がある。取り合えず、今年の冬迄には、自宅近くのヒノキは間伐したい。 その為にパワーのあるハクスバーナーのチェーンソウがいいなと、先日の日曜日にフリーマッケトで物色した。しかし値段が高くあきらていた。その話をすると、Nが余っているチェーンソウをくれるということになった。  

rimg0006.JPG
自宅から北側に見える里山、中ほどに見えるケヤキも色づいている。 

 

2007/11/4 日曜日

かわらひわ

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 0:00:52

rimg0015.JPG

朝、スズメに似た鳥が庭で遊んでいるのが、ここ数日間続いた。 今朝はよく観察し、写真も取った。夜、本で『かわらひわ』であることを確認する。 ワイフと二人で3メートル程の距離で見ていたが逃げなかった。明日の朝が楽しみだ。

rimg0007.JPG

母が大豆を収穫してはぜにかけた。 手伝いに来た兄に聞くと『4-5日は干す』との答えだった。自分は耕運機小屋のドアを作っていた。

rimg0012.JPG

柚子が色づいてきた。 すっぱいものが大好きなので、よくそのままで食べる。 食卓には年中、醤油、黒酢、唐辛子を混ぜたものをおいていて、醤油のみは全く使わない。唐辛子は青唐辛子を種ごと細きりしたものを入れると美味しい。柚子の季節にはこれに柚子を加える。このピリ辛ソースを僕はパンにもつけて食べる。ラーメンに昔はマヨネーズを入れていたが、今はこのソースを少したらす。

柚子の木は4本あるけど、今後はライムを植えてみたい。育つかどうか調べていないができればぜひジュースが多いタヒチアンライムが欲しい。 

2007/11/2 金曜日

チコと鮫

Filed under: 木小屋の日常 — mack @ 22:29:53

rimg0004.JPG

外で作業をする前に長屋の2階に上がり、スピーカー前の窓を開ける。次に階下のアンプスイッチを入れる。今朝は一番に聞こえてきたのはデユークエリントンのキャラバンだった。まだ空気は冷たかったが、何だかいい気分になる。 

アンプには、TV、AM、FM放送、CD、DVDがつないである。今朝はFM放送を選んだ。音量目盛は半分もげていないが、家から30-40メートル離れても十分楽しめる程だ。

実は何十年も前に観た『チコと鮫』という映画の中に、ヤシの木にぶら下げたスピーカーから音楽が流れ海の見える芝の上で聞いているというシーンがあった。 大人になったら、同じ様に音楽を楽しもうとその時から思っていた。 田舎に帰って実現できたことだ。

コンピューターにつなげればCNNやフィジーの放送も聞ける様になるが、希望はネットラジオをつなげることだ。 

脱帽のプログラム

Filed under: 未分類 — mack @ 0:02:04

先週はTVで気になった番組がいろいろあった。 観ながら『うーん凄いプログラムだ!』と感心したのがDC Central Kitchen だ。 レストラン等で余った食材でホームレスに食事を提供することから始まり、今ではホームレスを料理人に育てあげるプログラムを運営している。 その卒業生は会社が経営するケータリングサービスや他のレストラン等で働いている。 このビジネスを始めた人は、ホームレスに食事をサービスするボランテイをしたことがきっかけで始め、今やビジネスとして確立させている。  

『報道ステーション』で報道された『緑の砂漠』のことも、放送後から気にかかっている。 図書館に関連する
本を直ぐに借りに行き、今読んでいるところだ。 来週には、ここで間伐等について経験のある人に話を聞きに行こうと思っている。   ネットで『緑の砂漠』で検索すると、放送後、この問題に取り組むためにブログを始めた人もいる。環境問題の反響の強さを感じたり、感心したりする。   

« 前のページ

WARAUKIGOYA (笑う木小屋) 山口県山口市仁保上郷 2283 TEL 090-4091-4477