search 2013 adfgs

2009/10/31 土曜日

サモサ

Filed under: 子ども — mack @ 23:36:43

200901031-003.jpg
かぼちゃの『サモサ』を揚げる少女

今日の子ども達には驚かされたし、元気ももらった。 フィジー時代よく食べた『サモサ』を子どもからご馳走になろうとは思ってもみなかった。 

200901031-002.jpg

ピザ生地やヘンテコ麺を伸ばすのは大方の子どもが好きだが、包丁もうまく使いこなす子ども、それも男の子は稀に見るもので何だか嬉しくなる。

一番驚いたの女の子が屋根で遊んでいたことだ。姪が『子どもが屋根にいる!』と知らせてくれた時、まさかと思ったけど・・・命にも関わることなので直に飛んで行った。 僕が安全を確保して歩くのに、彼女達は平気で屋根を小走りしていた。 もちろん即座に降りてもらった。

 

2008/10/7 火曜日

刃物

Filed under: 子ども — mack @ 22:40:43

rimg0024_edited.JPG今朝は小郡福祉センターに出かけ、母子推進委員さんたちに90分程話をした。 原稿はパワーポイントで書き、スライドショーでめくっていった。このスタイルは始めてだったが、とてもうまくいった。 

話は6月に起こった秋葉原通り魔殺人の容疑者は、こどものときからナイフや刃物を使ったことがあるのでしょうか?という問いかけで始めた。小野田寛郎さんの『今の世の中では、危ながって最初から使用を禁止してしまうから子供は刃物がどんなに危険なのか、切れるのかを体験はおろか、見てさえいないかも知れません。だから危険なのです。』というお話も紹介した。 

講演後、幸運にも『ヒュッテ 桂谷 ランプの宿』を訪ねることができた。以前から、ぜひ見ておきたいと思っていた所だ。周囲の環境も設備も素晴らしいものだった。オーナーの佐伯さんから『うちは小さな子でも刃物を使わせます。』という話が出た。ここにも子どものことを本気で考えて実行されているというのが良く伝わって来た。 次回はもっとゆっくり訪ねたい。       

2008/3/15 土曜日

自然の中での遊び

Filed under: 子ども, 未分類 — mack @ 20:52:37

rimg0002.JPG 先日13日、午後26人の地元の小学生がやってきた。 ツリーハウスを見た後は、山や田んぼの中で思い切り遊んでいた。 引率された先生の『仁保小の子どもでさえ、自然の中で遊ぶ機会が少ないのです。みんな生き生きとして遊んでいますよ。』という話は以外であった。山や川がすぐ近くにある仁保なのに、何故子どもは自然の中で遊ばなくなったのだろうか? 子どもの数が減って、近所に遊び仲間がいないということも大きな理由かもかも知れない。 

 山口のみなさん、3月17日KRYテレビ『さわやかモーニング』の中で、5時50分頃から『笑う木小屋』が紹介されます。
この番組を見て、ひとりでも多くの方が子どもをここの里山や、自然の中に連れ出してもらえるきっかけになればいいなと思っています。
 

 

2007/10/31 水曜日

里山保育が子どもを変える

Filed under: 子ども — mack @ 23:30:16

28日のNTV特集『里山保育が子どもを変える』を観た。 内容は期待以上だった。 子どもが達が自然の中でたくましく育つ様子が丁寧に記録されていた。 泥んこの水溜りで遊ばせたり、丸太の橋を渡らせたりする様子に、『あんなことを子どもにさせて!』と感じられた方も多かったと思うが、僕はそうだ、そうだと喝采を
送りながら見ていた。 

8月に『笑う木小屋』に宇部市にあるこぐま保育園の卒園生がやって来た。その前に園のHPを見たときに、今回TVで紹介された木更津社会館保育園と似ているという感想を持った。 実際に接して、彼らはとても生き生きしていて、一緒にいるのがとても心地良かった。 今はHPにアクセスし『こぐま日記』を見るのを楽しみにしている。 

最近、訪ねて来る小学校の同級生は『昔はよく、イチジクや柿を食べていたなあ』という思い出話をする。NHKの番組の中でも、子ども達が桑の実やキイチゴを食べている場面もあった。 今日の午後、裏庭でもいだ柿にかぶりつきながら、子どもには楽しい、美味しい里山遊びをたくさんして欲しいなあという思いをめぐらせていた。

2007/10/9 火曜日

子守

Filed under: 子ども — mack @ 21:50:23

kuri-ryo003.JPG
昨日は姪が子どもを朝預けに来た。 2日前から頼まれていたので、小学のRには栗の皮をチョコと切り、ドラム缶釜で焼いてもらうことに決めていた。 妹のAの方には、何も決めていなかった。 

そのうち昼のご飯が無いことを思い出し、Aには『今日はご飯を炊いて、ばあちゃんの昼の用意をして、そのあとかたずけもして欲しいよ』と伝えた。 5合をデイスペンサーからとり出し、研いで電気釜の設定まで教えて一旦自由時間とする。お手玉、剣玉、縄跳び、竹馬、エレクトーンで遊んた。昼前からテーブルセッテイングとおかずとご飯の盛り付け、そして食後の食器洗いまでさせた。 

二人とも嬉々として頼まれたことをやる。ミスや変なところはその場で手をとって教えてやる。 安全なやり方をしっかり教えたので、心配はしなかったが、目は片時も離さなかった。 ハサミ作業を見守りながら、そう言えば、以前私が梨の皮をむくと、『よくできますね!』と同僚から驚かれたことがあることを思い出した。この子達にも機会を見て、次は皮むきだ。  

WARAUKIGOYA (笑う木小屋) 山口県山口市仁保上郷 2283 TEL 090-4091-4477